autoSS
このツールはリネのSSより便利なものを!?にする目的で作成したものです。
■ダウンロード・・・ autoSS.lzh(672KB)


◆◆◆ autoSS 説明書 ◆◆◆



1.概要

  リネのSS(スナップショット)って、ちょっと不便ですよね。

  ・TGA形式(エピ3からBMP)からJPEGに変換するの面倒くさい

  ・画面毎回切り取るの面倒くさい

  ・SS貯めすぎて、いつのかわからん

  ・SS撮り忘れる。

  ・経験値バーだけのSSが欲しい

  ・Ctrl+Pは押しづらい

  etc...



  そんな貴方の為に、ちょっとだけSSを便利にするツールです。

  ・画像をJPEG形式で直接保存

  ・自動で定期的にSSを採取

  ・SSを撮るエリアを指定可能(最大5箇所)

  ・ファイル名が日時になっている。

  ・SSのホットキーを設定できる。

  です。





2.インストール

  ダウンロードした「autoSS.lzh」を任意のフォルダに解凍して下さい。



3.アンインストール

  ディレクトリごと消してください。

  レジストリ等使用していません。





4.使い方

  autoSS.exeを実行します。

  ショートカットは自分で作ってください。



  初回の起動で、「指定したホットキーは既に使用されています」の意味の

  メッセージが表示された場合は、

  [ファイル]→[設定]の「ホットキー」タブから、別のキーを選んで

  設定してください。



  

  ■設定編

  ・設定画面の呼び出し方法

   [ファイル]→[設定]を選択します。



  ・「基本設定」タブ

   自動撮影を行う場合の、撮影間隔時間を設定します。

   5秒〜3600秒(一時間)で設定可能です。

   デフォルトは60秒になっています。



  ・「サウンド」タブ

   手動で撮影を行った場合にサウンドを鳴らすか

   自動撮影時にサウンドを鳴らすか

   自動撮影の開始/終了を切り替えた際に、サウンドを鳴らすか

   を設定できます。



  ・「ホットキー」タブ

   ・自動撮影の開始/終了を切り替える時のホットキーの組み合わせを

    設定します。

   ・手動撮影(リネでいうところのCtrl+Pの事)する時の

    ホットキーの組み合わせを設定します。

  

   設定したホットキーを押すことで、リネプレイ中でも手動で撮影、自動撮影の

   切り替えが可能になります。

   設定変更時は、「HOTKEY適用」ボタンを押してエラーがない事を確認してください。

   ※「HOTKEY適用」ボタンを押したときに、

    「指定したホットキーは既に使用されています」の意味のメッセージが

    表示された場合は、既に予約されている組み合わせですので

    別のキーで設定して下さい。





  ・「SSエリア」タブ

   SSを撮影するエリアを設定する場所です。

   最大5つのエリアを同時に撮影することが可能です。

   デフォルトでは「設定1」のみが有効になっています。



   「□有効にする」 :チェックをいれると、そのタブの設定が有効になり

             SSの撮影対象になります。

   「基準座標X/Y」 	:SSを撮影するエリアの基点となる座標を指定します。

   「キャプチャする幅/高さ」

          	:基準座標から撮影する幅と高さを指定します。

   ※数値だけだと分かりずらいので、「調整ガイド表示」ボタンをクリックすると

    実際のリネの画面サンプルが表示されます。画面上の黄色い四角が撮影対象の

    エリアになります。これを見ながら微調整してください。



   ※デフォルトのエリアは以下の状態になっています。(参考にしてください)

    設定1:自分のキャラ周辺

    設定2:チャット欄(最小時)

    設定3:経験値バー

    設定4:全画面(リネのSSと同じサイズ)



  ・設定を閉じて完了





  ■利用編

  はじめに設定を済ましちゃいましょう。(設定編参照)



  ・autoSS.exeを起動します。

  ・リネで遊びます。

  ・SS撮りたくなったら、「Shift+Space」(デフォルト)押すと

   エリア設定で有効になっているエリアのSSが撮影されます。

  ・クラハンやPTハントでSS撮る余裕がないときは、「Shift+End」(デフォルト)

   を押すと、60秒間隔(デフォルト)で自動的に撮影されます。

   もう一回、「Shift+End」(デフォルト)を押すと、自動撮影は停止します。

  ・撮影したSSは、autoSS.exeフォルダの中の「imgフォルダ」に保存されています。

   ファイル名の命名規則は次のとおりです。

    

      yyyymmdd_hhnnss_cn_1

      yyyymmdd_hhnnss:は日時です。

   _c1:の部分は設定xで指定したエリアのSSを意味します。

   _1 :最後の数字は一秒間の間に連射してSSを撮影した場合連番がつきます。

          





5.その他

  ■注意

   このツールで撮影するSSは、リネだけを撮影しているわけではありません。

   モニター上の画面を、指定して撮影しているだけですので、リネが動いて

   いない時に撮影すると、デスクトップとかが撮影されちゃいますので

   あらかじめご了承ください。

   



  ■開発環境

   C++Builder4

  

  ■免責事項

   このプログラムの使用により被ったいかなる損害に対しても、作者は関知しません。

   同意いただけない場合は、このソフトのファイルを全て破棄してください。



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット